BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品レビュー・インプレッション
  4. 【2021年】おすすめカーオーディオスピーカー5選【10万円前後】

【2021年】おすすめカーオーディオスピーカー5選【10万円前後】

オーディオシステムにおけるスピーカーの支配率は70%と言われており、スピーカーを変えただけでも音の雰囲気がガラリと変わります。
とは言っても、様々な機種やメーカーがあるスピーカーを選ぶことはとても大変です。
そこで今回は、あなたにおすすめできる最新のスピーカー6種を選んでご紹介します。
今回のスピーカー選びは10万円前後の価格に絞り、音が良いことは勿論、コストパフォーマンスの面でも選定の基準とさせていただきました。
購入を希望の方は是非参考にしてみてください。

carrozzeria TS-Z900PRS

TS-Z900PRS 定価¥128,000(税別)

2020年9月にPioneerから発売したこちらのモデルの最大の特徴は何と言っても「CSTドライバー」です。「CSTドライバー」はPioneerの高級ホームオーディオブランドである「TAD」の「Reference One」にも搭載されており、トゥイ―ターとミッドレンジを同一面上に配置し、物理的に時間差による位相ズレを低減させ、「点音源再生」を実現させるユニットです。

CSTドライバー

「CSTドライバー」だけではなく、ミッドウーファーも進化しております。
TS-Z900PRSのミッドウーファも同様に新設計されており、こちらもPioeerの最上級モデルの「RS」の技術が注ぎこまれている専用設計です。
音の印象はスピード感がとても速く、明るく繊細なイメージです。「CSTドライバー」によって定位感も抜群に良いです。

このスピーカーが合うジャンル。
・J-POP
・クラシック

SoundSuspension Amane

Amane 定価¥95,000(税別)

SoundSuspensionは、専門知識を持ったインストーラーの手によってしっかり取り付けお客様に感動して頂きたいという思いから、商品のインターネット販売を一切せず、専門店でのみの取り扱いで、音へのこだわりを感じさせてくれるメーカーです。

こちらのAmaneは「音楽をよりリアルに描き出す」をテーマに掲げて完成した2ウェイのスピーカーシステムです。
音の特徴は、何と言っても深く沈み込む低音でしょう。
小口径のサブウーハーならいらないのではないかと思わせるくらい広がりと奥行が表現でき、優しく柔らかく鳴り、そして余韻が気持ち良いです。
そのような鳴り方のスピーカーなら定位がボケるのでは?と、お思いかもしれませんが、そのような印象はございません。上から下まで包み込むような音楽を奏でてくれます。

このスピーカーが合うジャンル。
・ジャズ
・ボーカル

Focal ES165K2

ES165K2 定価¥90,000(税別)

FOCALは、35年以上の歴史を持つフランスのオーディオブランドです。
このモデルは黄色のアラミドファイバー振動板が特徴的なK2 Powerシリーズ最新世代モデルです。
音の印象は艶やかで柔らかい音です。

このスピーカーが合うジャンル。
・ボーカル
・ジャズ

morel VIRTUS 602

VIRTUS 602 定価¥100,000(税込)

イスラエルのメーカーであるmorelは、カーオーディオの世界では超有名なブランドの一つです。
こちらVIRTUS 602の音のイメージは低域の量感があり解像度高く柔らかい音です。
ボーカルが引き立ちます。

このスピーカーが合うジャンル。
・ボーカル
・ジャズ

BLAM S165.100

S165.100 定価¥122,000(税別)

「フレンチ・サウンド」をコンセントにフランスを代表するスピーカーメーカーであるBLAM。
S165.100を含むSignatureシリーズはメイド・イン・フランスで、サンテ・ティエンヌ近郊にある自社のワークショップで、手作業による丁寧なアセンブリング、厳格なテスト、ペアリングを経て出荷しているというこだわりあるブランドです。
音の印象は、ボーカルが艶やかで中低域の解像度が高く厚みのある音です。

このスピーカーが合うジャンル。
・ボーカル
・ロック

まとめ


今回は10万円前後にスピーカーを絞っておすすめを選んでみました。実際に購入のするときは、人によって音の好みが異なりますので、機会があれば実際に試聴してみてください。
試聴をするときは自分が良く聞かれる音楽で試すことをお勧めします。

wave2portのカーオーディオページはこちら!

アーカイブ